東京のマンスリーマンションが多くの方に使われている理由とは?

SITEMAP
遠景

新卒の導入研修にマンスリーマンションを活用しよう

赤いソファ

新卒者を多数採用する企業では、社会人一年生の若手にビジネスの基本を教えるため、入社式後、1か月~数か月にわたって研修を開催するところが多いです。そうした研修を東京で開催する場合、全国各地から集まってきた社員全員の宿泊費は相当な額になることが見込まれます。研修期間の長さ如何によっては、宿泊施設の代わりに東京にあるマンスリーマンションを活用することにより、経費を大幅に削減することが可能かもしれません。
マンスリーマンションを利用するメリットは経費面だけではありません。社会人一年生ということは、これが初めての一人暮らしという社員も多いでしょう。マンスリーマンションを会社で借り上げて、同じマンスリーマンションに同期入社の若手が近くの部屋に住んでいる場合、社員寮に近い状況になります。何かと心細い初めての一人暮らし、近くに話しやすい同期生たちがいることで、心強いと感じる新卒者も少なくないはずです。ことに、導入研修の内容が厳しいものの場合は、研修終了後に打ち解けて話が出来る相手が近くにいることは大切です。
導入研修用に東京でマンスリーマンションを確保するには、事前に不動産業者へ相談して、入居のタイミング、支払い、部屋の使い方に関するルールなど、詳細について詰めておきましょう。